メディア情報

楽しみながら歌唱力を高める

ルピナス社の「長息生活」のご紹介

 江戸時代から日本の玩具として存在していた”ふきもどじ”に注目してこれを口腔機能の改善のための健康増進ツールとして製品化されたのがルピナス社の「長息生生活」です。

 長い間声楽の指導に取り組み、単調なブレストレーニングを楽しみながら行える方法を探しておりましたわたくしはふとした機会に「長息生活」に出会い、衝撃を受けました。これほど楽しく声楽の基礎トレーニングを一人で行えるツールがあるとは思っていなかったからです。

  • 肺活量の最大利用と肺活量の自然減少予防ツールとしての活用
    人間は通常の生活では肺機能のほんの一部を使っているにすぎませんが歌を歌うときや管楽器をふくときには、長いフレーズをノンブレスで演奏する必要から肺機能を最大限に使いたいのです。また老化による肺活量の減少を最小にすることによって高齢になっても歌を楽しめるようになります。
  • 腹式呼吸法の体得
    長いフレーズを歌えるためにはまずたくさんの空気を取り入れる練習をしなければなりません。そのためには、息を完全に使い切る訓練や空気を最大限に取り入れる訓練が必要となります。その訓練を可視化し、数値化できるのがこのツールです。
  • ビヴラートのないスムーズな呼気が体感できる
    横隔膜や腹筋を上手に使ってビブラートのないスムーズな呼気を出せるための訓練には今までティッシュペーパーやローソクの炎の揺れなどを使って可視化してきましたが「長息生活」を使いますとそれがいとも簡単に実現します。

通常目に見えない人間の呼気を可視化できるこのツールは、発声することなく歌唱に必要不可欠な呼吸法の改善を、楽しみなら実践できる素晴らしい特性を持っていることがわかりました。ぜひ声楽や管楽器の演奏を趣味としておられる皆さんに一度手に取っておためしいただきたいと存じます。

推薦者:東京男声合唱団指揮 坂水昶之


▲TOPに戻る

詳しい資料・お問い合わせは
9:00〜16:00まで
(土・日・祝日を除く)